NIPT(新型出生前検査)について

Uncategorized

第4回出生前検査認証制度等運営委員会において、当院が、NIPTを実施する医療機関(連携施設)として認証されました。令和4年9月26日から開始します。当院で検査ご希望の方は予約をお取りください。

NIPTとは、非侵襲的出生前遺伝学的検査(non-invasive prenatal genetic testing)の略で、妊婦の血液から、胎盤の染色体の異常を調べ、胎児の異常を推測する検査になります。

一般的に胎児の先天異常は3-5%と言われていますが、そのうちの約25%を占める染色体異常のうち、当院では21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトウ症候群)を検査の対象としています。

NIPTは、

1.妊娠初期(妊娠10週以降)から判定できる。(まれに判定保留になることがあります)

2.精度が高い

3.妊婦の採血だけの検査ですので、流産のリスクがない(非侵襲的)

4,陰性と診断された場合は陰性的中率(結果が陰性だった場合、本当に染色体疾患がない確率)が高いこと

陽性と診断された場合は非確定検査であるため、本当に胎児に染色体疾患がないか確定検査(羊水検査や絨毛検査)が必要になります。

といった特徴があります。

NIPTについて、詳しくは日本医学会のホームページをご覧ください。https://jams-prenatal.jp/

当院のNIPTは、日本医学会が認証したNIPT実施医療機関(連携施設)として行っております。

検査は、日本医学会から認証を受けた国内の実績のある検査分析機関に委託をしています。

予約方法

当院通院中の方

当院に通院中の方は、来院時に予約をできます。担当医にご相談ください。

他院通院中の方

予定日が決まりましたら、妊娠10週0日以降15週6日までに予約をお取りください。電話でのみ予約を受け付けます。紹介状は必要ありません。

料金

当院に妊娠で通院中の方 85000円(税抜) 93500円(税込)

他院通院中の方 105000円(税抜)115500円(税込)

クレジットカード(VISA,MASTERCARD,JACCS)が使えます。

料金には、NIPT検査費用、カウンセリング費用(検査前、結果説明)、初診再診料(遺伝外来)、超音波検査、確定検査(羊水検査)、かかりつけ医療機関への診療情報提供書(希望者のみ)が含まれます。

なお、カウンセリングのみでNIPT検査をしなかった場合は、初診料と遺伝カウンセリング料の11000円を頂きます。

受診

受診前に「NIPT冊子」をご夫婦またはパートナーとご覧ください。受診は、ご夫婦またはパートナーの方との受診をお勧めしますが、ご本人のみでも構いません。ご本人のみ受診なさる場合、予め同意書にご本人および配偶者またはパートナーの方のサインをしておいてください。遺伝カウンセリングの後に、当日検査(採血)をします。カウンセリングの後に、よく考えてから改めて採血にいらしていただいても構いません。その場合も料金は変わりません。また、NIPT検査を中止することも可能です。その場合は初診料とカウンセリング料金(11000円)のみ頂きます。

同意書

結果については、原則来院して頂き、ご説明をします。ただ、オンラインでの結果説明の後に、結果を郵送することも可能です。

結果が陽性の場合、確定診断(羊水検査)をすることが必要になります。その際は、当院の連携施設である千葉大学附属病院を受診することになります。その際の、羊水検査の追加検査の料金負担はありません。(但し、初診代や入院費などはご自身の負担になります。)

コメント